こんにちは☀

大阪府豊中市の豊中駅内にある

藤田歯科豊中ステーションクリニックです🌟

今回は、インビザラインで歯を削る必要があるかについてお話します。

インビザラインでは、歯並びや歯の形などによって歯を削る処置が必要になることがあります。

歯を削る処置は、IPRやディスキングと呼ばれ、インビザラインだけでなく、矯正治療全般で行われる処置です。

紙やすりや機械で歯の側面を研磨するというイメージが近いと言えます。

虫歯治療などで大きく歯を削ると、歯の寿命が縮む可能性や、しみるなどの症状が現れる可能性があります。

インビザラインで削る歯の量はごく僅かなので、歯に与える影響は限りなく少ないです。

ガタガタした歯並びや、出っ歯など、歯並びが悪くなる原因の多くは、顎が小さいことや歯のサイズが大きいことで

歯が綺麗に並ぶためのスペースが足りないことです。

スペースが足りないままインビザラインを行っても、歯並びは改善されません。

そのため、歯を削って歯を並べるスペースを確保することが必要です。

歯を削る方法以外にも、歯を抜くことで歯を並べるスペースを確保することもあります。

抜歯すると1本あたり7mm程度のスペースが確保できるため、歯を並べるスペースが足りない時は効率的に治療を進められるでしょう。

歯を並べるスペースが僅かに足りない場合は、抜歯すると隙間が大きくなりすぎるため、歯と歯の間を

少しずつ削ることで歯を並べるスペースを確保します。

インビザラインで歯を削る処置が必要かどうかは、もともとの歯並びや口内の状態によって異なるため

歯科医師と相談して治療方針を決めてください。

 

【インビザラインで歯を削るメリット】

〈抜歯せずに歯並びを整えられる〉

歯を削ることで、抜歯しなくてもスペースを確保できます。

抜歯すると歯を並べるスペースが確保できますが、虫歯や歯周病になっていない健康な歯を抜くことは避けたいです。

〈効率的に出っ歯が改善できる〉

出っ歯を改善するには、歯を後方に引っ込める必要があります。

そのため、後方にスペースを確保しなければなりません。

しかし、出っ歯になる原因の多くは、歯を並べるスペースが足りないということです。

歯を削る処置を行うことで歯を引っ込めるスペースを確保できるため、効率的に出っ歯を改善できます。

〈歯の見た目を整えられる〉

上下左右の歯の大きさや形が均一である状態が、美しい歯並びとされています。

しかし、歯の大きさが左右非対称な方や、形が整っていない方もいるでしょう。インビザラインでは歯の見た目を整えるために歯を削ることがあります。

口元のバランスが整うため、矯正後の仕上がりが美しくなるでしょう。

〈ブラックトライアングルを改善できる〉

加齢によって歯茎が下がったことや歯並びが影響して、歯と歯の間に黒い三角の隙間(ブラックトライアングル)が生じることがあります。

歯を削って歯の形を整えながらインビザラインを進めることで、ブラックトライアングルを改善できるでしょう。

〈インビザライン治療後の後戻りを防止できる〉

歯を削ることでインビザライン治療後の後戻りを防止する効果を期待できます。

通常、歯は根元に向かって細くなっているので、歯と歯は点で接します。

歯と歯が接する部分を面になるように削ることで隣り合う歯の密着度が高まるでしょう。

密着度が高まれば、歯が動きづらくなります。

 

【インビザラインで歯を削るデメリット】

〈健康な歯を削る必要がある〉

歯と歯の間を僅かに研磨する程度なので、歯に与える影響は限りなく少ないとされていますが、

健康な歯を削ることには変わりありません。

健康な歯を削ることに抵抗がある方は、担当の歯科医師としっかり相談して治療方針を決めましょう。

〈対応できない症例がある〉

歯の重なりが大きい重度の叢生や重度の出っ歯などは、歯を削るだけでは対応できず、抜歯が必要になります。

抜歯しても僅かにスペースが足りない場合や、歯の向きの微調整が必要な場合、抜歯と併せて歯を削る処置が必要になることもあります。

〈歯茎から出血することがある〉

歯の先端から歯茎に近い部分まで削るので、歯茎の状態によっては出血することがあります。

特に、もともと歯磨きが不十分で歯茎が腫れている方や、歯周病によって歯茎の状態が悪い方は、器具が歯茎に少し触れるだけでも出血する可能性があります。

歯を削ることによる出血はすぐに治るので心配ありません。

 

インビザライン治療で歯を削る量は、0.1〜0.2mm程度、最大でも0.25mmです。

歯は、外側に人体で最も硬いエナメル質があり、エナメル質の中に神経を守る柔らかい組織の象牙質、

象牙質の中に神経があるという3層から成り立ちます。

エナメル質の暑さは2mm程度なので、インビザラインで削る歯の量はエナメル質の厚さの1/10程度です。

エナメル質の表層面を僅かに削るだけなので、神経まで刺激が伝わることはないでしょう。

痛いと感じることは少ないと言えます。

 

ただし、歯を削る際の研磨の摩擦による熱で、痛みや不快感を覚えるかもしれません。

歯茎に近い部分の歯を削った際は、一時的に知覚過敏のような症状が出ることも考えられます。

歯を削る処置中にしみる・痛む症状がある場合は、我慢せずに歯科医師に伝えましょう。

 

当院は5月31日まで

「あなたの美容課金、インビザラインで応援します」キャンペーン実施中です。

また日曜日の無料相談会を今週実施します。

ご予約をお取りしたい方は、HPの【WEB予約】または

お電話【0120ー469ー418】よりご連絡ください。

興味のある方や詳しく聞きたい方は、LINE相談よりお気軽にご相談ください。